永田珈琲倶楽部 平成19年 7月号

  
ものづくりの原点を守る
(いつの時代も守らなければならないものがある)
Tokyo Kodaira
 
永田珈琲倶楽部 各店営業時間のお知らせ
      ご来店をお待ちしています
珈琲の香 店 香店 10時 〜 10時
ぽえむ 店 ぽえむ店  9時 〜  9時
永田珈琲 店 永田珈琲店 10時 〜  8時

* 〜,'* 2007年 / 第135号 * 〜,'*
2007  July 's Aroma

香り鼻福でインターネット店と珈琲の香店
同時発信です。

  東京・小平発 永田珈琲倶楽部の「かほり電車」は、
ゆったりとした『時空』を今月も皆様のもとへお届けいたします。

  ,'*, '*〜, '*〜, '*〜, '*〜, '*〜, '*
 

訪問販売法による表示  珈琲豆売店 

◆◇◆◇◆  ◆◇◆◇◆  


  ● さて今月のかおり、旨い珈琲銘は
  
 ブルームーン 〜〜ほしぞら〜〜
                
 ボリビア・ユニオンプロアグロ
滑らかで軟らかな口当たり

当店では初めて扱うコーヒーなので楽しみにしていました。

 国の面積はアメリカ大陸では8番目で、北と東がブラジル、南がアルゼンチンとパラグアイ、そして西がチリとペルーに囲まれた内陸国です。1400mから1800mの高地で栽培されてコーヒーです。今月の「ボリビア・ユニオンプロアグルロ」はボリビアの小さな農家が共同出荷した珈琲で 「プロアグロ」とはユニオン名(NGO 農協名)です。コーヒーの品種はブルボンで、小さな農家が丁寧に作った珈琲です。
 
風味は、フルーティーな甘味と滑らかな口当たりが特徴です。
強い個性は少ないのですが、すっすと飲めていつの間にかカップが空いてしまったと言う感じです。何倍でも飲めてしまいます。

下の写真の黒い服の方がユニオンプロアグロの代表エブァリストさんです。コーヒーの向上初め生活の向上、病院の援助や子ども達がみんな学校いいけるよう運営などに取り組んでいます。



 

    

   
                     焙煎工房より

       ◆◇◆◇◆  ★珈琲の香店 店長 ◆◇◆◇◆ 

お待ちしています 

珈琲の香店で販売しています

珈琲の香り店では毎月、満月の日にはキャンドルの明かりが 
皆様をお待ちしております。
 
 

今月の キャンドル デーは
 


   満月は7月30日(月)です

この日はキャンドルをい〜っぱい灯します。
普段とはまるで違う空間に。。月に一度だけのお楽しみ.

朝10:00〜夜10:00一日中です
   ジャズが流れムードたっぷり・・

  
(可愛い一口お団子も用意してあります・売り切れ御免)

☆☆☆☆☆

 


羊蹄山

◆◇◆◇◆ ★美味しい情報★ ◆◇◆◇◆

アイスコーヒーが出来ました




お得2本1500円 (1本850円)
永田珈琲倶楽部の直火式自家焙煎の深煎り珈琲と北海道羊蹄山の湧き水で作られた純粋のアイスコーヒーです。
アイスではもちろんホットで飲んでもおいしい純粋珈琲です。

羊蹄山 吹き出し水  平成19年7月4日写っ

http://nagata6.sakura.ne.jp/shisatu/shiraoi/kyogoku3m.jpg


碑文
           

 珈琲情報     

◆ ロブスタコーヒー高の影響は限定的 ◆
先週のCSCEコーヒー相場は、110セント台中盤を中心に揉み合う展開が続いている。引き続き、特に目新しい材料は見当たらず、ポジション調整中心となっており主産地ブラジルの天候リスクが下値をサポートするものの、実際の生産障害が発生していない事で、積極的に買い進む動きも限定されている。

 特に目新しい材料は見当たらず、方向性を欠く相場展開となっている。ロンドン・ロブスタコーヒーは再び高値更新局面に突入しているが、CSCEアラビカコーヒー相場に対する影響は限定されている。

 ロンドン・ロブスタコーヒー相場の上昇が止まらない。
約9年ぶりの高値圏にあるが、実需の買いが下値を強力にサポートしており、必ずしも投機的高値とは言えない。ICO(国際コーヒー機関)5月月報でも指摘されているように、ロブスタコーヒー相場の高騰は足元の供給障害に尽きる。
2007/08年度のベトナム生産高が1,767万袋(前年度は1,860万袋)と推計されているのに代表されるが、ロブスタコーヒーの生産高・輸出高は総じて高水準にある。
しかし、東南アジア産のロブスタコーヒーには品質の問題が指摘されており、実需に対応できる供給量を確保できないリスクが指摘されている。
まだ詳細な情報は入手できていないが、品質の問題はマーケットに噂として広がっており、実需も仮需を前倒しして在庫水準を引き上げる動きを強めている。
ファンドの買いなどの影響も指摘されているが、需給環境からは2,000ドル到達の流れを否定する理由は乏しく、ロブスタコーヒーは底堅い展開が続く見通し。
ただ、アラビカコーヒー価格との関係が見直される事はなく、CSCEコーヒー相場は狭いレンジ相場を継続している。

 USDAの2007/08年度需給見通しからは、コーヒー需給は年末に向けて昨年以上にタイト化する事が予測されるが、マーケットの反応は鈍い。ブラジル通貨レアル相場が上昇しているが、中南米からの輸出圧力は依然として強く、足元の需給環境にはタイト感がない事が背景と見ている。ただ、GCA(ニューヨーク・グリーンコーヒー協会)発表のニューヨーク港湾在庫などは既にピーク水準に達したと見ており、需給が一段と緩和するリスクは低いだろう。
短期動向は気象環境に強く依存しているが、今後の相場上昇の原動力としては気象要因よりもマクロ需給環境に注目している。高値目標は140-150セント水準に設定している。

CSCEコーヒー相場は110セント台での取引を継続しているが、短期的には現行のレンジ内での展開が続く見通し。
天候リスクがメインテーマとなっている間は、上昇余地は限定的となるだろう。

ただ、今後は生産国からの輸出圧力の鈍化とともに、消費国の在庫水準に強力な減少圧力が働き、コーヒー相場は水準調整を迫られると見ている。
年初からは輸出入市場での需給緩和が相場を下押ししたが、現状はボトム形成期に移行しており、年末に向けては昨年同様に上昇トレンドを形成する流れを想定している。ブラジルの生産見通しが更に引き上げられたとしても、拡大傾向を続ける需要に対応する事は難しく、今年度中に需給逼迫化の流れを食い止める事は難しいだろう。
【2007.06.25 大起産業(株)調査研究室 小菅 努】




*▼▼ One  Shot  ▼▼*

                     



☆  これまでの『今月の香り』の状況です☆
 2007年

 7
月は 星空
      

↓⇒以下のようにこれまでお楽しみ頂きました
6月  「ブルームーン」
5月  「散歩」
4月  「陽の香り」
3月  「満開」
2月  「香梅」
1月  「初夢」

2006年
12月 「白銀」
11月 「霧もみじ」
10月 「秋晴れ」
9月は 「月光」
8月は 「花火」
7月は 「風鈴」
6月は 「雨音」あまね
5月は 「小平・グリーンロード珈琲」
4月は 「ミントクリーン モカ」
3月は 「マラウイ ゲイシャ(芸者)」
2月は 「ももとんぼの香り」
1月は  「あかつきの香り」


2005年
12月は  「ゆったりの香り」
11月は  「なごり秋の香り」
10月は  「エーデルワイスの香り」
9月は  「名月 十五夜の香り」
8月は  「The花火の香り」
7月は  「せせらぎの香り」
6月は  「雨情のかおり
5月は  「薫風のかおり
4月は  「爛漫の香り」
3月は  「色鳥の香り」
2月は  「ぼんぼり」の香り
1月は  「初春の香り」

2004年
12月は  「師走香り 珈琲」
11月は  「虹の香り 珈琲」
10月は  「ふんわり 秋色珈琲」
 9月は  「満月の香り」
 8月は  「The 花火」
 7月は  「銀河の香り」
 6月は  「花つゆの香り」
 5月は  「農園の風」
 4月は  「ザンビア・テラノーバ」
 3月は  「The カフェインレス」
 2月は  「ゆめ カフェ・マロン」
  1月は  「バリアラビカ・神山」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆━

毎日が芸術のかおりいっぱいの各店です

永田珈琲



西野 公子さん
廣田 静子さんの日本画
 

☆ぽえむ店


 月替り絵画は皆さんが毎月交代で、
素敵な絵を届けて下さいます。

今月のギャラリーは
高久 槙雄 さんの油絵です


☆珈琲の香り店



ザン・ボン・ビン 常設展示




有限会社 ナガタ 
永田珈琲倶楽部
Phone Fax 042-344-7663

nagata@nagatacoffee.com

〒187-0041   東京都小平市美園町2-2-31
  2007年7月 第135号
 ==== END  ===


□■□ 直火式焙煎珈琲
永田珈琲倶楽部 □■■□
http://www.nagatacoffee.com/index2.htm
□■□■■□nagata@nagatacoffee.com□■□■■□
□■□□■□□□□□□□